大人ニキビを内面から治すアプローチは本当に有効?

大人ニキビをスキンケアでケアするというのは至極真っ当のように思えますよね。 というか、殆どの人がニキビができたらまずは毎日のスキンケアを見直そうと躍起になっているはずです。でもちょっと待って。その方法、ちょっと間違っているかもしれませんよ。

 

そもそも、スキンケアだけがニキビの原因ではないからです。思春期ニキビの場合は皮脂の分泌が過剰になってしまうことでニキビが起こります。

 

ですが、大人ニキビの場合は肌のターンオーバー周期が乱れてしまい、その結果角質が硬くなって毛穴が塞がれ、皮脂が詰まってにきびになるのです。

 

ですから、そもそも肌のターンオーバー周期を整えることも考えなくてはいけません。

 

では、肌のターンオーバー周期を整えるにはどうすればいいのでしょうか。 正しい方法としては、きちんと睡眠をとる、正しい食生活を送る、ストレスをできるかぎり減らす、運動をするなどの方法です。

 

これらを行うことで、徐々に肌のターンオーバー周期は正常に近づいていきます。 ということは、角質の硬化を予防して毛穴のつまりを防げるというわけですね。

 

というわけで、内面からニキビを治すというアプローチはとても大事なんです。 となると、「じゃあ硬くなった肌はどうすれば戻るの?」ということが気になりますよね。

 

当然ですが、硬くなった肌をそのままにしておくといくら内面からのアプローチを頑張っても意味がありません。ですから、スキンケアも大事になってくるのです。

 

スキンケアを行って肌の柔軟性を高めることで、硬くなった肌を柔らかくし、毛穴のつまりを防ぐことができます。

 

ですから、内面からのアプローチ、外面からのアプローチ両方がとっても大事というわけなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>